ここから本文です

大迫、シカゴで2時間5分50秒で日本新!/マラソン

10/7(日) 23:36配信

サンケイスポーツ

 シカゴマラソン(7日、米シカゴ)日本勢は3位に入った昨年12月の福岡国際マラソン以来の42・195キロとなった大迫傑(27)=ナイキ=が2時間5分50秒で3位に入り、日本新記録を樹立した。今年2月の東京マラソンで設楽悠太(26)=ホンダ=がマークした2時間6分11秒を21秒上回り、日本実業団陸上連合から報奨金として1億円を獲得した。モハメド・ファラー(35)=英国=が制した。

 大会は世界最高峰シリーズ「ワールド・マラソン・メジャーズ」の一つで、昨年の世界選手権覇者ジョフリー・キルイ(25)=ケニア=や2連覇を狙うゲーリン・ラップ(32)=米国=ら強豪が出場した。雨に濡れた路面で4月のボストン・マラソンを制した川内優輝(31)=埼玉県庁=が早々と脱落する中、大迫は日本勢でただ一人、先頭集団に食らいついた。

 35キロ地点で先頭集団は大迫を含む5人に絞られ、キルイがまず脱落した。大迫と同じ拠点のファラーとモジネット・ゲレメウ(26)=エチオピア=がペースアップ。大迫は両脇腹を押さえて、苦しそうな表情を浮かべたが、粘りの走りを披露した。

Yahoo!ニュースからのお知らせ