ここから本文です

フェラーリ、限定スペシャルモデル「Monza SP1&SP2」を発表

10/7(日) 9:30配信

carview!

伊フェラーリは9月18日、2つの限定スペシャルモデル「Monza SP1」と「Monza SP2」を披露した。往年のスポーツモデルをイメージさせるこれら2モデルは、フェラーリが新たに打ち出した「Icona(イーコナ)」シリーズの第一弾として開発されている。

>>「Monza SP1&SP2」の写真と映像を見る<<

イーコナシリーズとは、フェラーリの創業まもない1950年代に送り出されたレーシングモデルを、現代の技術で蘇らせるプロジェクト。当時を思い起こさせるレトロなデザインと、現代の技術が同居したモデルとなり、「SP1」と「SP2」に続く後発モデルが登場する可能性もありそうだ。

Monza SP1は、シングルシーターのロードカーとして設計され、一方のMonza SP2はパッセンジャーシートを備えた2シーターモデルとなる。いずれもボディシェルにはカーボンファイバー素材が採用され、ヘッドライトやテールライト、ホイールなど車体の随所にこだわりのデザインを取り入れている。上向きに開くコンパクトなドアもその一例だ。

エンジンは市販エンジン最強となる最高出力810psのV12エンジンを搭載し、軽量モデルとあいまって、オープンモデル史上最高のパワーウエイトレシオを誇る。

0-100km/h加速は2.9秒、0-200km/h加速は7.9秒と公表され、異次元の加速を味わえるマシンに仕上がっている。

このラジカルなフォルムのオープンフェラーリは、同ブランドの重要な顧客やコレクターが主なターゲットとなる。オーナーには特別にラグジュアリーブランドのロロ・ピアーナおよびベルルッティとのコラボにより作られたレーシングスーツ、ジャージ、ヘルメット、グローブ、スカーフ、レーシングシューズなどのアパレル&アクセサリーも用意されるという。

「Monza SP1」と「Monza SP2」のそのあまりに贅沢でクールなデザインが世界中の注目を集めるのは確実だろう。イーコナシリーズから次はどんなモデルが登場するのか。そちらにも大いに期待したい。

最終更新:10/7(日) 9:30
carview!