ここから本文です

アウディe-tronに見るEV販売の難しさ。北米の初回割当はわずか99台

10/7(日) 17:01配信

carview!

完全にふさがったグリルはオーナーに不評だった

メルセデス・ベンツがBEV(電気自動車)である「EQC」を発表したわずか2週間後、アウディは同じBEVの「e-tron (eトロン)」をサンフランシスコで発表した。この発表会の規模はメルセデス・ベンツのそれを大きく超えるもので、参加したのは我々ジャーナリストだけでなく、全米ディーラーと招待客を含み、その人数は1600名と公式に発表された。

>>アウディ e-tronの写真を見る<<

サンフランシスコでのワークショップを終えて、我々が船で向かったのは対岸のリッチモンド、その桟橋にある歴史的な建造物クレーンウェイ・パビリオンである。まずは上空から、インテルのドローン「シューティングスター」850機(!)がアウディのフォーリングス・フォーメーションで我々を迎えてくれた。盛大なショーのオープニングは、逮捕された前CEOルパート・シュタッドラーに変わって6月からアウディの臨時社長となったエイブラハム・ショットによって行われた。このように重要な場で「Temporary(一時的)」との肩書きで紹介されたことに違和感を覚えたのは私だけだっただろうか?

さて、正式名「アウディ e-tron 55 クワトロ」のデザインで気がつくのは、テスラや「日産 リーフ」などのBEVで見られないフロントのラジエーターグリルである。この部分はドイツのプレミアムブランドにとっては重要なデザインアイコンであり、EV化によってどのように変化するのか大いに興味がある。アウディではシングルフレームグリルが残っているが、およそ3分の2はシルバーに塗られて塞がっており、中央部分が補器類の冷却用に貫通している。 アウディのチーフデザイナー、マーク・リヒテによれば、実は一般オーナーにヒアリングしたところ完全にふさがったグリルは評判が悪く、このソリューションになったが、さらにブラックアウトした古典的なデザインも用意されると説明された。まあ、未来へ向けて半歩前進と言ったところである。

1/2ページ

最終更新:10/7(日) 17:01
carview!

Yahoo!ニュースからのお知らせ