ここから本文です

C・ロナウドのレイプ疑惑に新展開…ドイツ誌が女性との合意文書を公開

10/8(月) 17:10配信

GOAL

ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドの過去のレイプ疑惑に、進展があった。最初に報道したドイツ『Der Spiegel』が、女性との選手本人のサインが入った文書を公開したという。スペイン『マルカ』が伝えた。

先日から大きな話題となっているC・ロナウドの過去のレイプ疑惑。『Der Spiegel』は9月末、2009年にロナウドがアメリカ・ラスベガスのホテルで、アメリカ人女性のキャサリン・マヨルガさんに強制的に性行為を迫り、同女性が訴えを起こしたと報じた。さらに、この告発を受け、ラスベガス警察はこの件の捜査を再開すると発表している。

マヨルガさんの弁護士によると、当時C・ロナウドは和解と口止めを条件に37万5000ドル(約4300万円)を支払ったというが、女性は和解の無効を求めており、今回の訴訟に至ったという。選手サイドは「僕に対しての告発を強く否定する。レイプは僕の信念に反する忌々しい犯罪だ」と完全に否定しているが、スポンサーを務めるナイキが撤退を検討していると伝えられるなど、大きな騒動に発展している。

そんな今回の騒動に、進展があったようだ。『Der Spiegel』は、C・ロナウドと女性のサインが入った文書を公開。そこには「マヨルガさんのHIV検査結果でリスクがないと証明したことに先立ち、37万5000ドルの支払いで合意した」と書かれているようだ。また、具体的な性交渉の内容についてC・ロナウドが謝罪したとの記載もあるという。

今夏ユヴェントス加入後、セリエA8試合で4ゴール5アシストを記録するなど、その力を証明しているC・ロナウド。一貫して身の潔白を主張しているが、今回の騒動はしばらく続きそうだ。

GOAL

最終更新:10/8(月) 17:11
GOAL