ここから本文です

大迫のマラソン日本新に瀬古氏「1億円うらやましい」

10/8(月) 12:04配信

スポーツ報知

 シカゴマラソン(7日・米イリノイ州シカゴ)で日本記録を更新する2時間5分50秒で3位に入った大迫傑(すぐる、27)=ナイキ=を日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダーの瀬古利彦氏(62)が絶賛した。「湿度も高く、ペースメーカー(PM)も安定しない中でさすが。もっと良いコンディションなら2時間4分台もある」とさらなる日本記録の更新も期待。日本実業団陸上競技連合からの報奨金には「1億円うらやましい!」と話した。

 3度目のマラソンで毎回自己記録を更新している大迫。瀬古氏は「20キロ付近で重そうに見えたけど、そこから粘って順位も上げた。泥臭く練習していないとあの走りはできない」と指摘。ボストン、福岡国際、シカゴとレベルの高いレースを選んでいることもあって、優勝がまだないことについては「守りのレースになっている面はある。もう一つ、挑戦していくことも必要。勝つレースをしないとね」。勝ちきる力をつけた先には東京五輪の金メダルも見えてくる。

最終更新:10/9(火) 17:51
スポーツ報知