ここから本文です

関西ジャニーズJr.西畑大吾、W主演の宇崎竜童が撮影中に「ロック魂に火が付いたのか即興ライブ」

10/8(月) 16:34配信

スポーツ報知

 関西ジャニーズJr.の西畑大吾(21)が8日、大阪市内でカンテレドラマ「大阪環状線Part4 ひと駅ごとのスマイル」(10月13日スタート、土曜・前10時25分、関西ローカル)の試写会で舞台あいさつに出席した。

 大阪環状線の駅を舞台にした心温まるオムニバスドラマの第4弾。西畑は9、10話で歌手で俳優の宇崎竜童(72)とダブル主演するほか、今シリーズのマスコットキャラクターとして全10話に出演するキーマンとなる。「マスコットキャラクターって何やろと思ってウィキペディアで調べたんですけど、着ぐるみ的なものが多いじゃないですか。でも(自分は)生身じゃないですか。すごく恥ずかしいんですけど、かわいらしいものはうれしい」と笑顔を見せた。

 撮影中は、エキストラが持っていたギターのチューニングを宇崎が買って出たそうで、西畑は「そこで宇崎さんのロック魂に火が付いたのか、即興ライブが始まってすごく盛り上がった。何かそれで一つになれた」と秘話を明かし、「プライベートでもごはんに連れて行っていただいたり、すごく引っ張っていただいた」と大先輩に感謝した。

 舞台あいさつには、第8話「今宮駅~引きずり女は福を呼ぶ~」に出演したお笑いタレント・間寛平(69)が劇中の「引きずり女」の衣装で乱入。長い髪の毛と、真っ赤な着物にやかんなどの日用品をつけた怪しい女装で「引きずり女は客が引く~」と歌って観客の笑いを誘い、西畑も「やっぱりすごいですねー。大阪はパンチ強いですね」と目を丸くしていた。

 なお、今作は放送後に同局の動画配信サイトなどで配信される。

最終更新:10/14(日) 15:36
スポーツ報知