ここから本文です

ノーベル経済学賞に米2氏 気候変動、技術革新を経済分析に取り入れた功績を評価

10/8(月) 21:00配信

産経新聞

 【ロンドン=岡部伸】スウェーデン王立科学アカデミーは8日、2018年のノーベル経済学賞を、ウィリアム・ノードハウス米エール大教授(77)とポール・ローマー米ニューヨーク大教授(62)に授与すると発表した。長期的なマクロ経済分析に気候変動やイノベーション(技術革新)を組み入れた功績が評価された。

 ノードハウス氏は気候変動と経済成長の関係を分析。気候変動が経済に与える影響を定量的に評価する手法を確立した。世界各国の温暖化ガスを減らすため、二酸化炭素(CO2)の排出量に応じて企業に課税する「炭素税」の導入などを提唱した。

 ローマー氏は、技術革新が経済成長を促すことを示す「内生的成長理論」を確立。企業の研究開発投資などで、経済が成長する仕組みを解明した。16~18年には世界銀行のチーフエコノミストも務めた。

 アカデミーは授賞理由について「(2教授の調査結果は)どのように持続可能な経済成長を達成できるかという問いへの答えに私たちをかなり近づけた」などと述べた。

 授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金計900万スウェーデンクローナ(約1億1200万円)を両氏で分ける。

最終更新:10/8(月) 23:55
産経新聞