ここから本文です

憲法改正「野党と協力を」 小泉純一郎元首相

10/8(月) 20:20配信

カナロコ by 神奈川新聞

 小泉純一郎元首相は8日、安倍晋三首相が目指す憲法改正について「野党第1党と協力すべきで、自民だけでできる訳がない」と述べ、自民党単独での実現は困難との見方を示した。また「憲法改正を選挙の争点にしてはいけない」とし、与野党による調整が必要との認識を示した。

 都内で行われたBS朝日の収録で、小泉元首相は持論の「原発ゼロ」も改めて訴え、「憲法改正なんてできないことをやろうとして、原発ゼロはできるのに、どうしてやろうとしないのか」と政権を批判。来年の参院選に向け、自身は「選挙には一切関わらない」としつつ、「野党が統一候補を出して、原発ゼロを争点にしたら自民党は危ない」と指摘。自由党の小沢一郎共同代表や、共産党の志位和夫委員長とは「原発ゼロでは一致している」と述べる場面もあった。

 北朝鮮問題については「私の場合、(外務省幹部が)水面下で北朝鮮とかなりの折衝をした」と自らの政権で実現させた日朝首脳会談を振り返り、「会談に持ち込めるよう、水面下で相当の交渉が必要だ」と説いた。