ここから本文です

ディアドラなど実力馬が集結し拮抗/府中牝馬S

10/8(月) 21:15配信

日刊スポーツ

土曜の東京メインは府中牝馬S(G2、芝1800メートル)。実力馬が集結して上位拮抗(きっこう)だが、昨年の秋華賞勝ち馬ディアドラ(牝4、橋田)が中心。前走のクイーンSも完勝だった。

2走前まで重賞3連勝の実績光るミスパンテール(牝4、昆)、昨年のオークス馬ソウルスターリング(牝4、藤沢和)、G1の常連リスグラシュー(牝4、矢作)も差はない。今年のヴィクトリアMを制したジュールポレール(牝5、西園)、昨年覇者のクロコスミア(牝5、西浦)にも注目。

最終更新:10/8(月) 23:26
日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ