ここから本文です

八代市庁舎解体へ 準備作業始まる

10/9(火) 16:27配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

熊本地震で被災した八代市役所の庁舎解体作業がいよいよ始まりました。

9日は解体工事の準備作業となる、仮囲いの設置が行われました。
工事は来月中に内装設備の撤去を終え、12月から建物自体の解体が始められる予定です。
八代市役所の新庁舎は、地下1階・地上6階建てで1階から2階に窓口業務を集約することになります。
また、災害が発生した時には、3階の執務室を災害対策本部にしたり、地下1階の公用車駐車場は救援物資の仮置き場にしたりするなど防災機能も備えるということです。
総事業費約162億8000万円が見込まれる八代市役所の新庁舎は、2021年春の完成を目指しています。

RKK熊本放送

最終更新:10/9(火) 16:35
RKK熊本放送