ここから本文です

新しく就任した大臣が「失言」を繰り返す、3つの理由

10/9(火) 8:51配信

ITmedia ビジネスオンライン

 内閣改造の風物詩ともいうべき、「大臣の首を取りましょうキャンペーン」がいよいよ本格化してきた。

つまり、永田町の「互助システム」を維持しているだけ?

 まず、分かりやすいのが、毎日新聞の記事だ。

 改造内閣に期待8% 麻生氏留任「評価せず」61%(毎日新聞 10月8日 東京朝刊)

 この見出しだけを見た人は、国民の安倍政権への期待も、野党の支持率並に落ち込んだのだと受け取るだろうが、よくよく記事の中身を読めば、この「8%」というのは、過半数近い人が内閣改造で「何も変わらない」と回答する中で、「期待が高まった」と答えたゴリゴリの安倍信者か、超ポジティブシンキングの方の割合である。安倍政権への信任的な「期待」とはまったくニュアンスが違うのだ。

 毎日新聞的には、これぞ「ペンの正義」ということなのだろうが、我々一般人の感覚では、「印象操作」以外の何物でもない。

 また、週刊誌業界にも大型キャンペーンの動きがある。今週にも、初入閣した大臣のスキャンダルが某誌にドーンと取り上げるともっぱらのうわさなのだ。

 もしこれが事実なら、週刊誌の早刷りを手にしたテレビや新聞の記者たちが、大臣が白旗を上げるまで延々と叩き続ける、いつもの「殺人フルコース」がおっ始まるということだ。臨時国会で集中砲火を浴びれば、わずかひと月あまりのスピード辞任という展開も十分ありえる。

 ただ、何よりも「大臣の首を取りましょうキャンペーン」の盛り上がりを感じるのは、ちまたのハロウィンパーティーさながらに、マスコミによる「秋の失言祭り」がちょこちょこと始まっている兆しが見て取れるからだ。

 これは大臣の記者会見で、どう答えたところで炎上必至という地雷的な質問を執拗(しつよう)に繰り返すことで、失言を引き出し、それを鬼の首を取ったかのように、みんなでワッショイ、ワッショイと朝から晩まで大騒ぎをする日本の「ジャーナリズム村」で長く続けられる伝統的な祭りで、時に「言葉狩り」とも呼ばれる古い因習だ。

1/6ページ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ