ここから本文です

輪島さんが死去 70歳 元横綱、輪湖時代築く 黄金の左で風靡

10/9(火) 10:39配信

デイリースポーツ

 大相撲、第54代横綱の輪島こと、輪島大士氏(本名・輪島博)が亡くなったことが9日、分かった。輪島さんは、15年に亡くなった横綱・北の湖さんと共に「輪湖時代」を築くなど、相撲の歴史に名を残した。70歳だった。

【写真】花田優一 母と妹と3人で集合泣いた 父・貴乃花親方のこと…

 輪島さんは石川県出身。日本大学時代から相撲部で活躍し、学生横綱に2度輝いた。その後、花籠部屋に入門し、70年初場所で初土俵。73年に初土俵からわずか3年半というスピード出世で第54代横綱に昇進した。学生相撲出身者の横綱昇進も初めてのことだった。

 横綱時代はトレードマークとも言える黄金色のまわしと、左下手投げが得意であることから「黄金の左」と呼ばれる得意技を繰り広げ、横綱・北の湖との輪湖時代を築いた。北の湖との対戦成績は23勝21敗だった。

 81年3月場所で引退。年寄・花籠を襲名するも、その後、金銭問題などで廃業し、全日本プロレスに入門し、プロレスラーとしても活躍。88年に引退すると、タレントとしても活躍。アメリカンフットボールのクラブチーム総監督を務めたこともあった。

 最近は表舞台に姿を見せていなかったが、15年にかつてのライバルだった北の湖理事長急死の際には文書でコメントを発表。「運動神経が抜群だった。一度掛けた技は二度は通用せず、頭の良い力士だった」とライバルの強さに言及していた。