ここから本文です

【映像】遺棄されたライオンの子ども オランダ北部の施設が保護

10/9(火) 12:28配信

AP通信

ティーンホーフェン、オランダ、10月9日(AP)― オランダ中部の野原で10月7日、ケージに入れられたまま遺棄されていたライオンの子どもが見つかった。
 生後4カ月とみられるこのオスの子どもは、同国中部のユトレヒトとヒルフェルスムの間にあるティーンホーフェン近くの野原で、ケージに入れられたまま遺棄されているのを、通りがかったジョギング中の市民が見つけて警察に通報した。
 地元警察はツイッターで、ライオンを捨てた人物に名乗り出るよう呼びかける一方で、この子どもライオンを同国北部で活動するライオン保護施設に預けることにした。
 同施設によると、ライオンの子どもは保護された当初は疲れているようだったが、早くも新しい環境にも馴染(なじ)んだようだという。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:10/9(火) 12:28
AP通信

Yahoo!ニュースからのお知らせ