ここから本文です

カナルワークス、フラッグシップIEMをユニバーサル化した「CW-U77」を10月27日に発売

10/9(火) 18:02配信

Stereo Sound ONLINE

 カナルワークスから、同社フラッグシップIEMをユニバーサル化した「CW-U77」、およびカスタム2pinに対応するBluetoothレシーバー「HC-M100BTCW」が10月27日より発売される。価格はオープンで、想定市場価格はCW-U77が¥148,000前後、HC-M100BTCWは¥12,000前後。両者がセットになった「CW-U77BT」もラインナップされ、こちらの想定市場価格は¥153,000前後となる。

ユニバーサル用に新開発されたノズル。NCを使ったアルミ削り出し品だ

 加えて、現行ユニバーサルIEMモデルにHC-M100BTCWをセットにした「CW-U02aEXBT」(¥63,000前後)、「CW-U02BT」(¥45,000前後)も同日に発売される。

 CW-U77は、先述の通りフラッグシップIEM「CW-L77」をユニバーサル化したモデルで、形状については同社が保有する数多くの耳型を元に、一つずつハンドメイドで生産されるのだという。

 搭載するユニットはL77と同じく3ウェイ8ドライバー(バランスド・アーマチュア型)で、低域用2、中域用2、高域用4という構成となる。インピーダンス15Ω、感度108dBというスペックも共通だ。

 なお、カスタムモデルよりも小径化が必要となるノズルは、NC切削によるアルミ削り出しの新開発品を採用。カスタムモデルと同等の性能を確保しているという。

 BluetoothレシーバーのHC-M100BTCWは、ラディウスの協力を受け開発したもので、イヤホン側のプラグにカスタム2ピンを採用したモデル。今回発表のユニバーサルIEMモデルのほかに、カスタムIEMとの組み合わせも可能だ。対応するBluetoothコーデックはSBC、AAC、aptXとなる。

最終更新:10/9(火) 18:02
Stereo Sound ONLINE