ここから本文です

鈴木保奈美「主婦カツ!」好演…“私生活の不遇”が勝機に?

10/10(水) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 10月期クールで2本のドラマに名を連ねる女優の鈴木保奈美(52)。大出世作「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)以来、27年ぶりの共演が話題となっている織田裕二(50)主演の「SUITS/スーツ」(同、月曜21時)と、自身が主演を務める「主婦カツ!」(NHK・BSプレミアム、日曜22時)である。

 片や弁護士事務所の所長であるバリキャリ女性、片や専業主婦歴20年の子持ち女性。同クールに両極端の役柄をぶつける攻めの一手に出たが、果たして勝算はあるのか。

 ひと足先に放送が始まった「主婦カツ!」第1話(7日)では、ある日突然、夫から「会社を辞めてきた」と告げられたことをきっかけに、20年ぶりに社会復帰を目指す姿が描かれた。「ワープロの入力なんて部内で一番速くて正確だったんだから!」と、結婚前の時代錯誤の自慢話を始め、履歴書の自己PR欄にはPTAの役員歴を恥じらいもなく書き連ねたりするちょっぴりイタイ女……。

 鈴木自身も、とんねるず石橋貴明(56)との再婚&出産を機に芸能界引退を公言したにもかかわらず、何事もなかったように芸能界復帰した経験があるからか、なかなか板についているのだ。

 しかも単なる専業主婦ではなく、尾頭付きのタイを取り寄せたり、100グラム1500円の高級黒毛和牛を迷いもなく購入できる富裕層である。

「白シャツにジーンズをさらりと着こなし、主婦友の竹内都子らとは一線を画す、実年齢より若く見える主婦という設定がミソ。どうしたって一介の主婦には見えない鈴木の容姿や雰囲気と実に良く合っています。そして何より、仕事がなくなった夫という境遇が長寿レギュラー番組が打ち切りとなってしまった夫を持つ私生活と重なり、真実味のある演技に見える。物語自体は極めてオーソドックスなホームドラマですが、2話目以降も楽しみです」(コラムニストの桧山珠美氏)

 元トレンディー女優の秋の陣。NHKの主演ドラマは“当て書き”か!?