ここから本文です

日米欧との結び付き強化を表明 蔡総統 国慶節演説/台湾

10/10(水) 15:33配信

中央社フォーカス台湾

(台北 10日 中央社)蔡英文総統は10日の双十国慶節(中華民国の建国記念日)祝賀式典の演説で、「ますます多くの理念が近い国が中華民国台湾への支持を表明している」と述べた上で、米国、日本、欧州議会からの台湾の支持について紹介した。与党関係者はこれについて、台湾が米国、日本、欧州連合(EU)を含む理念が近い国との連携強化を表明したのと等しいと分析する。

蔡総統は、安全保障強化における4つの方針の一つとして、「外交上における価値観の結び付き強化」を挙げ、各国からの台湾への支持について説明した。

日本に関しては「われわれと民主主義の価値観を共有する日本」と形容した上で、「国際的な場での声援であれ、自然災害時の相互の助け合いや心遣いであれ、両国間の友情はますます密になっている」と言及した。

演説の終盤に蔡総統が述べた「台湾は民主主義の灯台で、世界を照らす」の言葉について、この与党関係者は、ペンス米副大統領が4日の演説で語った「台湾の民主主義の受け入れはより良い道筋を全中国人に示すと米国は常に信じている」というメッセージに呼応していると指摘する。与党関係者は、蔡総統のこの発言は「台湾が民主主義の道を必ず頑なに歩き続ける」ということを国際社会の友人に伝えるのが目的だとの見解を示した。

(編集:名切千絵)

あなたにおすすめの記事