ここから本文です

小袋成彬、初の東阪ワンマンツアー開催 渋谷WWW Xは超満員に

10/10(水) 21:15配信

エキサイトミュージック

4月にソニー・ミュージックレーベルズ EPICレコードジャパンからメジャーデビューした小袋成彬。今年の夏は『NUMBER SHOT 2018』『FUJI ROCK FESTIVAL』『オハラ☆ブレイク ’18夏』『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO』『BAYCAMP 2018』等の大型フェスに9つ出演、新人アーティストでは異例の出演数となり、各所でパフォーマンス後に話題となったが、初の東阪ツアーも会場超満員で大盛況のうちに幕を閉じた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

フェスでのライブを観たファンの口コミの効果もあり、今回開催された初の東阪ワンマンツアーのチケットも即完。期待度の高いライブとなった今回は、前回の初のワンマンライブ同様、渋谷WWW X超満員で熱気に包まれた中、スタート。会場の熱気とは裏腹に「再会」(デビューアルバム『分離派の夏』収録楽曲)で1人、静かにステージに姿を見せ、しっとりと歌い上げ始まった。

6曲目の「Summer Reminds Me」でサポートメンバー2人も登場し、フェスステージでおなじみの3人スタイルに。終始、シンプルな演出ではありながら、圧倒的な歌唱力で、深く引き込まれるライブとなった。

新曲も4曲、このライブで披露。また、途中にカバー曲「If I Ain't Got You」(Alicia Keys)を歌唱し、ファンを驚かせた。MC無しで一気に歌い上げた全18曲。そのステージに、ファンは感嘆の声と鳴りやまない拍手を送った。

今回、かなりのプレミアライブになったこともあり、ライブを観ることができなかったファンのために、早速、11月8日(木)にスペースシャワーTVにて『LIVE SPECIAL 小袋成彬 10.10.2018@WWW X』として、22:30~23:00でのオンエアが決定した。

そして、幕張メッセで12月28日(金)~12月31日(月)に開催される国内最大の年越しフェス『COUNTDOWN JAPAN 18/19』への出演も決定した。

さらに、本日より小袋成彬本人作成の最新プレイリスト「分離派の秋」も公開。彼が今レコメンドする楽曲を多数選曲。Apple Music、Spotifyでチェックしよう。