ここから本文です

大迫が帰国「すっきりした気持ち」=シカゴ・マラソンで日本新

10/10(水) 17:53配信

時事通信

 7日のシカゴ・マラソンで2時間5分50秒の男子日本新記録を樹立して3位に入った大迫傑(ナイキ)が10日、帰国した。成田空港で取材に応じ、「すっきりした気持ちで帰ってくることができてうれしい」と語った。

 3度目のマラソン挑戦だった大迫は、設楽悠太(ホンダ)が2月の東京マラソンでマークした従来の日本記録を21秒塗り替えた。日本人で初めて2時間5分台をマークしたが、「特にそういうところに興味はない。もう終わったこと」とさらなる記録更新に意欲を示した。

 大迫はトラック長距離の3000メートルと5000メートルでも日本記録を保持しているが、「(東京五輪代表選考会の)マラソングランドチャンピオンシップに向けて、これからはマラソン中心でしっかりやっていきたい」と話した。 

最終更新:10/10(水) 18:44
時事通信