ここから本文です

出雲2位の東洋大…全日本で主力の渡辺が復帰へ

10/10(水) 22:57配信

スポーツ報知

 今季の学生3大駅伝開幕戦の出雲駅伝(8日、島根・出雲大社鳥居前~出雲ドーム前ゴール=6区間45・1キロ)で優勝した青学大と12秒差の2位だった東洋大は、第2戦の全日本大学駅伝(11月4日、名古屋市~三重・伊勢市=8区間106・8キロ)に向けて、出雲登録メンバー(10人)から外れていた5000メートル13分43秒71でチーム2番目のスピードランナー渡辺奏太(3年)が13人の登録メンバー入りしたことが10日、分かった。

 山本修二(4年)、相沢晃(3年)、西山和弥(2年)の3本柱に加え、出雲でともに学生3大駅伝初の区間賞を獲得した今西駿介(3年)と吉川洋次(2年)ら主力は順当にメンバー入り。学生3大駅伝デビューを目指す田上建(2年)ら新戦力とともに伊勢路で巻き返しを図る。

 50回目を迎える全日本大学駅伝は8区間106・8キロは前回までと同じだが、今回から各区間の距離が大幅に変更された。1~6区は9・5~12・8キロのスピード重視、終盤の7区は17・6キロ、8区は前回と同じく19・7キロの長丁場。「展開が読みにくい」と多くの監督が話す。

 出雲に続き、全日本大学駅伝の登録メンバーから外れた期待株の中村駆(3年)は箱根駅伝(来年1月2、3日)のメンバー入りをかけて世田谷ハーフマラソン(11月11日)に参戦する。

最終更新:10/11(木) 20:17
スポーツ報知