ここから本文です

iPhone XSを活かした撮影テクニックを、プロのカメラマンに聞いてみた

10/10(水) 10:27配信

bouncy

「iPhone XSは写真がキレイ」と、もう耳にタコができるほど聞かされてきましたが、果たして実際にはどこがどうキレイなのでしょう?

プロのカメラマンに、実際に街を歩いて撮影しながら、話を聞いてきました。

このたびご協力いただいたのは、三井公一(sasurau)さん。iPhoneで写真をとる「iPhonegrapher」としても世界的に著名なカメラマンです。撮影には、iPhone XS Maxを使用しました。

三井さんいわく、XSの写真の特徴は、大きく分けると3つ。

● ポートレートモードでのボケのコントロール
● スマートHDR
● 暗所撮影

渋谷某所で、モデルを前に、三井さんがiPhoneでシャッターを切り続けます。
モデルをノセるのが上手いです。「かわいいねえ、ちょっと横向いて」「目線はカメラで、でも焦点は遠くに」など、ちょっとした言葉で誘導すると、最初は堅かったモデルさんが、どんどんいろんな表情を見せるようになります。

カメラマン怖い。

● ボケのコントロール

そして、撮影した写真を、その場で編集します。
「XSでは、撮影した後に、ボケを調整できるんですよ」
そう言いながら、被写界深度のスライダーを動かしていくと……

眼を見張るほど写真の印象が変わります。
背景が、にじんで、抽象的になっていく。そして前に立っているモデルが際立ってきます。

「ボケた光の球を見てみてください。真ん中は丸いボケだけど、周囲は『レモンボケ』になっているでしょ? これ、わざとやっているんですよ。そういうレンズで撮ったように見せるために」

なるほどAppleらしいこだわりです。



背景はソフトウェア処理でボケさせるので、それを意識して背景を選ぶのが良いです。
例えば背景にいろんな光が浮かんでいるところ。
トンネル状に、中央が明るめ、周囲が暗めになっているところ。
あるいは、色がガラッと変わったりするところ。

「ポートレートモードのボケは、インカメでも使えます。自撮りも映えますよ」

三井さんは、モデルさんに自撮りをしてもらうときも、下から撮ってもらっていました。上の陽の光を背景に入れて、ボケの効果を活かすためです。
対象と背景の距離感によっては、思ったようにボケない場合もあります。そのときは「Focos」などのアプリを使って、より細かい処理をしてみてください。

1/2ページ

最終更新:10/10(水) 10:27
bouncy