ここから本文です

「エルサレム」は2000年前も今と同じ表記、石柱で判明 イスラエル

10/10(水) 11:08配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【10月10日 AFP】現代ヘブライ語と同じつづりで「エルサレム」と刻まれた石柱が9日、イスラエル博物館(Israel Museum)で公開された。碑文は、約2000年前に、すでに現代と同じつづりが使われていたことを示している。

 石柱は2月、エルサレムの建設現場で考古学者が発掘したもので、ヘブライ文字で書かれたアラム語で「エルサレムのドダロスの息子のハナニヤ(Hananiah son of Dodalos of Jerusalem)」と刻まれている。ヘブライ文字でエルサレムは、現代と同じ「Yerushalayim(イェルシャライム)」の発音で記されている。

 第二神殿時代(1世紀)に「イェルシャライム」と書かれているのは非常に珍しく、通常は宗教的または政治的な文脈で使われることが多いと、イスラエル博物館のダビド・メボラッチ(David Mevorach)氏は指摘する。

「この碑文が重要なのは、日常的なものだからだ」と、メボラッチ氏は述べ、「宗教的、救世主的またはプロパガンダ目的で使われているわけではない。男性がこの都市の出身だと名乗っているだけだ」と説明した。

 また、イスラエル考古学庁(IAA)のユバル・バールーフ(Yuval Baruch)氏は、「第二神殿の時代に、エルサレムのこの地域の一部の人が、都市名を告げたり、読んだり、書いたりするときに、今日我々が使っているのと同じつづりを使っていたことを、今では確信している」と述べた。

 石柱は元々、紀元前2世紀のエルサレム近郊の陶器村にあった。村は現代のエルサレム市内にあり、2世紀初めごろにローマ軍第10軍団の作業場となり、陶器製の建材を作っていた。

「ハナニヤ」は芸術家または職人で、石柱は作品の売り込みのために、公共建築の建材として寄付した可能性もある、とメボラッチ氏は指摘する。また、「ドダロス」はおそらく、ギリシャ神話に登場する職人「ダイダロス(Daedalus)」の愛称だという。

 石柱は、アレキサンダー大王(Alexander the Great)によって征服された後、「ここに住むユダヤ人たちが長年、ギリシャの様式を取り入れてきたことを示唆している」と、メボラッチ氏は述べた。(c)AFPBB News

最終更新:10/10(水) 13:36
AFPBB News

Yahoo!ニュースからのお知らせ