ここから本文です

全身タトゥーの牧師はなぜ、キリストの名を体に刻んだのか

10/10(水) 17:01配信

BuzzFeed Japan

タレントりゅうちぇるさんがタトゥーを公表し、ラグビーの国際団体が選手にタトゥーを隠すよう要請するなど、最近何かと話題のタトゥー。『不良牧師!』などの著書がある牧師のアーサー・ホーランドさん(67)は、新宿・歌舞伎町での路上伝道や、十字架を背負っての日本列島縦断といった多彩な活動を経て、40歳過ぎでタトゥーを入れた。「東京オリンピックが岐路になる。日本も認めていく方向にしていかないと、『おもてなし』どころじゃなくなるよ」。異色の牧師はこう語る。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

【写真】歴史に見る、カッコよすぎるタトゥーの写真26枚

最初に入れたタトゥーは…

――最初にタトゥーを入れたのはいつごろですか。

43歳ぐらいかな。牧師になってからだね。弟が2人いて、アメリカで牧師やってるんだけど、一人が背中に「俺はクリスチャンのサムライだ」みたいな言葉を入れたのよ。

それ見て、俺も腕にワンポイントで「フィッシュサイン」を入れたの。昔はキリスト教徒であることを公言すると迫害されたから、魚のマークをクリスチャンのシンボルにしてたわけ。

「イクトゥス」といって、「イエス・キリスト、神の子、罪からの救い主」という言葉の頭文字をとると、ギリシャ語で「魚」って意味になる。

それを最初に入れたんだよ。イエス・キリストは俺の救い主だ!って。

堅苦しい社会で葛藤しながら生きていくなかで、ブレイクスルーするためのひとつの突破口だったのかな、いま振り返ると。それまでの自分から脱皮するための表現だったんだろうな。

武士道は日本のスピリット

――ご兄弟も牧師で、しかもタトゥーを入れているのですね。

兄弟3人、みんな「大和魂」って入れてる。広島で入れたんだよ。やっぱり、日本の血が流れてるから。

武士道とか大和魂っていうのは日本のスピリット。弟たちも宮本武蔵とか大好きだし。俺、桜も好きだから、桜吹雪も入れたいんだよね。

胸に刻んだ「ジーザス・クライスト」

――ほかにも体中に入ってますが、キリスト教や聖書にまつわるメッセージが多いのでしょうか。

多いね。つい最近、胸に「ジーザス・クライスト」って入れた。下には「ロックンロール」て彫ってね。

(右肩を指して)これはトリニティーっていう三位一体のマーク。背中には十字架に巻きついた龍を入れてる。

聖書の世界ではドラゴンは悪魔の象徴だけど、東洋では龍は神の使い。俺にとって龍っていうのは、神に仕える天使の象徴なんだよね。

普遍的なものって言葉にならないじゃない? 俺は俺なりに、言葉にならないものを表現してるわけさ。

1/4ページ

最終更新:10/11(木) 4:12
BuzzFeed Japan