ここから本文です

Googleスマホ「Pixel 3」「Pixel 3 XL」速攻動画レビュー。AIでスマホはもっとアナタらしくなる

10/10(水) 16:03配信

bouncy

Googleのスマートフォン「Pixel 3」「Pixel 3 XL」が日本でも発売されることが明らかになりました。10月10日の発表会から注目のポイントをお伝えします。


GoogleのPixelシリーズは、Androidの最新OSを搭載したスマートフォンです。iPhoneはアップル1社がOSと端末の両方を提供していますが、Androidはメーカー各社が採用する相乗り型のOSと違いがあります。


GoogleのPixelシリーズは、Androidの最新OSを搭載したスマートフォンです。iPhoneはアップル1社がOSと端末の両方を提供していますが、Androidはメーカー各社が採用する相乗り型のOSと違いがあります。

Pixel 3とPixel 3 XLの違い

2モデルの大きな違いはディスプレイサイズ。「Pixel 3」が「ノッチ」と呼ばれる画面上部の切り欠きのない5.5インチクラス。「Pixel 3 XL」は「ノッチ」のある6.3インチクラスです。ディスプレイサイズは対角の長さで言うため、ノッチがあった方が見かけ上、数字が大きくなります。

また、バッテリーはPixel 3が2915mAh、Pixel 3 XLが3430mAhとなっています。

Pixel 3とPixel 3 XLのカメラ

特長は、背面の1220万画素のシングルカメラです。最近のスマートフォンはデュアルカメラ、トリプルカメラといったように、広角レンズと望遠レンズ、また複数のカメラで一眼カメラのようなボケを味を出します。

「Pixel 3」「Pixel 3 XL」は、シングルカメラながら超解像ズームによって望遠効果を出します。超解像とは、実際の解像度以上に解像感を増す技術で、ようするにソフトウェア処理ではっきりくっきりを実現するものです。

また、一度の撮影で複数の画像を撮影しており、その中からおすすめのものを抽出。機械学習エンジンが写真の内容自体を学習するため、ポートレート撮影では、シングルカメラながらボケ味も後から再現できます。人に限らずペットなど物体を認識しており、たとえば背景だけモノクロにするといった処理も可能です。

このほか、自分撮り用のカメラも広角撮影が可能で、グループで撮影する際などに有効です。

1/2ページ

最終更新:10/10(水) 16:03
bouncy