ここから本文です

石川晴菜選手 ~若きアルペンスキー日本代表の素顔~ インタビュー第1回

10/10(水) 17:49配信

J SPORTS

初めての五輪

チーム体制を新たにFIS W杯に挑むアルペンスキーの日本代表。シーズンイン直前に今シーズンもJ SPORTSのFIS W杯中継の実況を務める吉田 暁央アナウンサーが若き代表選手たちの本音に迫った。若きSNOW JAPANのアルペンスキーヤーの素顔とは?

第1回目は平昌五輪(大回転)に出場し、成長著しい石川晴菜選手(木島病院)に今シーズンの展望を聞いた。

吉田:
昨シーズンは平昌五輪に出場しました。五輪の印象はどうでした?

石川:
現地入りして感じたのが、やっぱり特別な場所だということですね。W杯とはまた違う雰囲気で、周囲からの声もいつもとは違っていたので。

吉田:
W杯でも同じ日の丸を付けて滑っていますが、五輪は緊張しましたか? それともアドレナリンがでましたか?

石川:
アドレナリンが出ましたね。平昌の会場は何回か滑ったことがあったので、自分にとってはチャンスだと思っていました。すごくワクワクしましたね。

吉田:
日本女子アルペンにおいては久々のオリンピアン誕生で、我々もワクワクしていたのですがW杯も五輪も経験して気付いた、世界で戦えるご自身の強みを教えてください。

石川:
どんな場面でも動じないことですね。以前は何かあると精神的に落ち込んでしまうことがあったのですが、年々いろいろと経験するうちに強くなりました。

吉田:
精神的に変わっていった要因とは?

石川:
沢山失敗したことですね。本当にいろいろと失敗したので(笑)強くなったのだと思います。

吉田:
これは“良い”失敗だったことはありますか?

石川:
良い失敗、難しいですね。試合前の心構えですかね。以前はちょっとでも試合前にナーバスになってしまうとその気持ちが滑りに出てしまうことが多かったです。そんな精神面ではダメだと気付いて、それが徐々に改善されてきていると思います。

緩斜面の課題と克服

吉田:
技術面で石川選手が上積まなければいけないのは?

石川:
ターンの質ですね。常に雑にならないよう心がけています。1ターン、1ターンの質でタイム差が縮まってくるので、1ターンの加速を課題に練習をしています。

吉田:
具体的にはどのような練習をしているのですか?

石川:
ターン前半のつくり方ですね。少しでもズレしてしまうとロスに繋がるのでそこをいかにクリーンなターンにするのかを取り組んでいます。

緩斜面の課題と克服


吉田:
シーズンオフの欧州遠征などで、石川選手が特に鍛えていたことは?

石川:
安定するための体感と反応ですね。ターンを雑にしないことを課題にしているので、どんな雪面、斜度でも安定した滑りをするためのトレーニングをしていました。

1/2ページ

最終更新:10/10(水) 17:49
J SPORTS

あなたにおすすめの記事