ここから本文です

金足農業・吉田輝星投手がプロ志望表明(全文1)甲子園が自信につながった

10/10(水) 19:39配信

THE PAGE

 今夏の第100回全国高校野球選手権(甲子園)で準優勝した秋田県の金足農業のエース、吉田輝星(こうせい)投手が10日、秋田市内の同校で記者会見を行い、プロ志望を正式に表明した。今後の目標については、「日の丸を背負って勝てる投手になりたい」などと語った。吉田投手は同日午前、秋田県高野連にプロ志望届を提出している。

【画像】(全文2完)日の丸背負う投手に

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードはYouTubeのTHE PAGEチャンネル上の「プロ志望を正式表明 金足農業・吉田輝星投手が会見(2018年10月10日)」に対応しております。

プロ志望届を提出

司会:それではただ今から吉田選手の進路に関する記者会見を行います。まず初めに野球部部長、久米部長よりごあいさつ申し上げます。

久米:本日はお忙しい中、本校野球部の吉田輝星くんの進路に関する記者会見のために秋田市金足までお集まりくださいまして、ありがとうございます。秋田県立金足農業高等学校野球部責任教師の久米と申します。8月に行われました第100回全国高校野球選手権記念大会で大阪入りしたときにはチームも吉田くんも今ほど注目されることがなかったのですが、選手権大会での決勝進出、その後のU-18、福井国体等を通じまして金足農業高等学校野球部というチームへの注目、とりわけ吉田くんの進路に関して多くの方々から注目をいただくようになりました。これだけ多くの方々の注目をいただくようになりましたのは全国の高校野球を愛するファンのご声援、そしてマスコミ各社の皆さまの報道によるものだと思います。そのことにつきまして深く感謝申し上げます。

 間もなく吉田くんから自らの進路について意思表明がありますが、なにぶん17歳と若く、あとに控えている質疑応答では舌足らずな部分もあるかもしれません。その点につきましてはどうかご容赦願いたいと思います。また、併せまして吉田くんが残りの高校生活を平穏無事に送れるようにテレビの視聴者、新聞、雑誌の読者の皆さんにもご協力をお願いしたいと思っております。簡単ではございますがこの記者会見が有意義なものになることを祈念し、私からのあいさつに代えさせていただきます。本日はどうかよろしくお願いします。

司会:続きまして吉田選手より進路への意思表明お願いします。

吉田:本日は、お忙しい中、私個人の進路に関する記者会見にお集まりいただきありがとうございます。秋田県立金足農業高等学校野球部3年、吉田輝星と申します。甲子園が終わってから、たくさんの方々と話し合い、本日午前、プロ野球志望届を提出いたしました。本日はどうかよろしくお願いいたします。

1/4ページ

最終更新:10/10(水) 19:50
THE PAGE