ここから本文です

HKTエース格の宮脇咲良、矢吹奈子が韓国“移籍” メンバー田中美久は「不思議な感覚…」

10/10(水) 12:36配信

西日本スポーツ

●月イチ活動報告

 秋風が吹き始めた9月。エース格として最前線を走り続けてきた宮脇咲良(20)と矢吹奈子(17)が、韓国で結成されたグループ専任のため、48グループの活動を2年半休止することが発表された。一方、じゃんけん大会では松田祐実(16)参加のユニットが頂点に立ち、冠番組企画の「お笑い」挑戦で頭角を現すメンバーも。7周年を控えて新たな岐路に立つHKT48の9月の出来事を、「新じゃんけん女王」の松田、坂口理子(24)、田中美久(17)、堺萌香(20)と振り返った。

【写真】「女子ウケ悪そう」ミニスカートで登場した指原莉乃

 -9月23日に行われたAKB48グループユニットじゃんけん大会で、松田祐実さんの「Fortune cherry」が優勝

 坂口「すごいわ」

 松田「りこぴさんが一番『おめでとう』って言ってくださいました」

 -「火の国熊本三銃士」は1回戦はシード、2回戦で敗戦

 美久「めっちゃ自信あったんですよ(笑)。『絶対優勝する』『勝っちゃうけど、ごめんね』みたいな感じだった。いつもは弱気なんですけど、その日は緊張もなくて、絶対勝つと思ってたんですよね。だけどあっさりと負けて(笑)」

 -衣装もクマさんでかわいらしかった

 美久「メンバー人気が高かった」

 -出す手は決めていた?

 美久「3日前くらいから決めてた。熊本だから(クマの)耳のグーを出そうかとも思ったんですけど、なーんか、かたくなに『パーを出せ』と指示があって(笑)。(ユニットの)3人でじゃんけんして、勝った人が本番やろうって決めたんですけど、勝ったんです。やっぱ『パーだわ』と思ったんですけど(本戦では)あっさり負けてしまって。結構パーで負けてる人が多くて、どうしよう、変えようかなと思ったんですけど、やっぱりダメでした。本当にショック(笑)」

 坂口「なんでそんなに自信があったのか(笑)」

 -「博多女子」は(朝長)美桜に勝負を任せた

 坂口「美桜ちゃんって、過去に本戦行ったことあるじゃないですか。自分でも『美桜じゃんけん強いから勝っちゃうよ』って言ってた(笑)。(冨吉)明日香も本戦に行ったことあるし、意外といけるんじゃないかと思ってたんですけど、予備戦で美桜ちゃんにじゃんけんさせたら本当に勝っちゃって。本戦でも1回勝ったから、次もいけると思ったら、あっさり負けました(笑)」

 -衣装もきらびやか

 坂口「みんな20歳過ぎてるから『大人っぽく』を第一条件に。個性も強くてバラバラだから『星座』に例えて。(茅野)しのぶさんが発案してくださって」

 -堺萌香さんが参加した「ずみいもだす」は初戦勝って、2回戦で…

 堺「私が負けました(笑)。結構適当だったんですよ、じゃんけんする人の決め方は。『いける』と思ったら行こう、みたいな。じゃあ2回目行くわって言って、行ったら負けました。直感で出したら、あいこで。その瞬間いろんな考えがよぎって、考えすぎました。『これ出したら相手はこっち出すかな』とか」

 坂口「衣装かわいかった」

 堺「耳ついてるんですよ。フィッティングするときに『ハイ』って渡されて『え、耳?』って。もう20歳だし、やばいんじゃないかと思ったんですけど、衣装さんに『頑張って作ったんだよ』って言われて、着けるしかないと(笑)」

 -靴も厚底

 堺「厚底と、首が絞まってないのと、スカートが膝上っていうのが絶対条件でした。小田(彩加)と私がちんちくりんだから、できるだけスタイルがよく見えるようにってことで」

 -本戦に出場して

 堺「じゃんけんの時に『ドン』って大きな効果音が鳴るじゃないですか。あれで心臓飛び出たかと思った(笑)。私はファンの時からテレビで見てた側だったから、これが本戦なんやって思いました。レフェリーのイジリー岡田さんも、緊張で見えてなかった」

1/3ページ

最終更新:10/10(水) 12:41
西日本スポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ