ここから本文です

日米野球出場の侍28人発表 11・9開幕全6試合

10/10(水) 14:11配信

日刊スポーツ

侍ジャパンの稲葉篤紀監督(46)と侍ジャパン強化委員会・山中正竹強化本部長(71)が10日、都内で会見を行い、「2018日米野球」(11月9日開幕、東京ドームほか)に出場する侍ジャパンのメンバー28選手を発表した。

【写真】巨人岡本をいじる小林

11月9~11日は東京ドーム、同13日はマツダスタジアム、同14、15日はナゴヤドームで全6試合行う。

【大会規定】

◆DH制 採用する

◆ベンチ入り 28選手(うち投手は14人以上登録しないといけない)

◆予告先発 実施する

◆リプレー検証 実施しない

◆申告敬遠 実施する

◆投手の球数制限 80球を超えて投げることはできない。ただし、ある打者の打席中に投球制限に達した場合は、その打席完了まで投球できる。50球以上投げた場合は次の登板まで中4日を空けなくてはならず、30球以上、または2日連続で投げた場合、次の登板まで中1日空けなければならない。

◆捕手の交代規定 最後に出場した選手が負傷によりプレー続行不可能になったため捕手がいなくなった場合、すでに退いた捕手が再出場できる。

◆使用球 MLBオールスターチームはMLB公認球、侍ジャパンはWBSC公認球を使用する。エキシビションゲームでは巨人がNPB統一球を守備時に使用する。

◆賞金総額 1億円。第1戦から第6戦の各試合勝利チームに1000万円、引き分けの場合は各チームに500万円。加えて優勝チームに4000万円。対戦成績が引き分けの場合は、優勝賞金を両チームで折半する。

メンバーは以下の通り。

【投手】

広島大瀬良、ヤクルト石山、DeNA東、浜口、※山崎、中日笠原、西武多和田、ソフトバンク東浜、石川、日本ハム上沢、ロッテ松永、楽天岸、松井、高梨

【捕手】

広島会沢、西武森、ソフトバンク甲斐

【内野手】

※広島菊池、田中、ヤクルト山田哲、巨人岡本、西武山川、源田、外崎

【外野手】

※DeNA筒香、※西武秋山、※ソフトバンク柳田、楽天田中

※印は先行発表選手(DeNA山崎、筒香、広島菊池、西武秋山、ソフトバンク柳田)

最終更新:10/10(水) 15:12
日刊スポーツ