ここから本文です

<東洋大>陸上部員4人に厳重注意 1年生へ暴行4件

10/11(木) 0:35配信

毎日新聞

 東洋大は10日、陸上部長距離部門の部員4人が今年4~9月、1年生部員の態度を不満とし、胸元をつかんだり、尻を蹴ったりするなど4件の暴行があったと発表した。東洋大は部員4人に厳重注意し、1年生部員は9月8日付で退部した。

 東洋大によると、1年生部員が9月8日に遠征先から無断で寮に戻らず、暴力行為の可能性が浮上し、長距離部門の部員57人に聞き取り調査を行った。1年生部員が部の生活ルール違反などで度々、注意を受けながら、舌打ちなど反抗的な態度を示していたため、部員4人が暴行に至ったという。9月20日に部員4人と1年生部員らが話し合い、互いに謝罪した。

 東洋大陸上部は9月中に2度、関東学生陸上競技連盟に報告。「今回のことを教訓に再発防止に努める」とコメントした。

 東洋大陸上部は箱根駅伝で総合優勝4度の名門。男子マラソンの設楽悠太(Honda)や男子100メートルで日本選手初の9秒台をマークした桐生祥秀(日本生命)らを輩出している。

最終更新:10/11(木) 1:23
毎日新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ