ここから本文です

ホンダF1と成功する将来を、鈴鹿で垣間見たレッドブル

10/11(木) 8:43配信

motorsport.com 日本版

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブル・ホンダが来シーズン勝利を収めるようになれば、レッドブルとホンダとの今後の関係がさらに発展していくだろうと語った。

【動画】FIA F1世界選手権第17戦日本グランプリ ハイライト


 先週末のF1日本GPで、ホンダの最新仕様パワーユニット(PU)を使用したトロロッソ・ホンダは、雨絡みの予選ながら6-7番手を獲得。最終的には2台ともがポイント圏外でレースを終えたものの、日本のファンの前でそのポテンシャルを覗かせた。

「非常に励みになる結果だった」と、マルコはmotorsport.comに語った。

「我々は日本でとても歓迎された。もし我々が勝ち始めたらどうなるか予想できるか? トップを争えるようになれば、それは大規模なものになる」


「我々はこれまでとは違うエンジンを使う来年について、本当にポジティブに捉えている。鈴鹿で、予選で何ができるかをみられた」

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーも、ホンダの最新スペックPUにポジティブな印象を抱いたようだ。

「ロシアと(鈴鹿の)週末を通じて、その進歩を追ってきた」

「そして、彼らが本当の進歩を遂げたのを見て嬉しく思う。彼らの前進に、我々は非常に興奮しているし、来年に向けて期待を抱いている」

「(レッドブルの)ストレートスピードは素晴らしいものではなかった。来年、ホンダと提携し、より平等な条件で戦えることを願う」

 一方、来季レッドブルに昇格するピエール・ガスリーは来年のパッケージに期待を寄せながらも、その戦闘力を予測するのは時期尚早だとコメントした。

「来年は違うマシンに乗ることになるので、どんなパッケージになるか見てみよう」

「レッドブルはいつも本当に速いマシンを作ることが知られている。現時点でのホンダの改善を踏まえると、僕たちは本当に良いポジションにいられると思う。でも6カ月後にどうなるか。多くのことが起こる可能性がある。今はあまり多くのことを考えたくはない」

Adam Cooper