ここから本文です

横浜中華街で国慶節を祝うパレード 台湾の駐日代表も参加

10/11(木) 17:52配信

中央社フォーカス台湾

(横浜 11日 中央社)横浜中華街にある華僑学校「横浜中華学院」で10日、中華民国の建国記念日「双十国慶節」を祝うイベントが開催された。獅子舞や龍舞演舞などの伝統芸能が披露されたほか、1000人近くが約1時間にわたって市内を練り歩くパレードも行われた。台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(大使に相当)も在日台湾人らと参加した。

謝代表はパレード出発前のあいさつで、中華民国はアジア初の民主共和国として建国されたと紹介。今年4月に国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」(RSF、パリ)が発表した報道の自由度に関するランキングで、180カ国・地域中42位に選ばれ、アジアで首位となったことを挙げ、建国107年目の今も民主主義が健在しているとアピールした。

パレードが通過する沿道では、大勢の人々から「台湾加油(がんばれ)」、「中華民国万歳」などという声が上がった。謝代表は手に持った国旗を振りながら「中華民国万歳」とにこやかに対応。国慶節の祝賀行事がすでに横浜観光の一部となっていると述べて喜びを示した。

(楊明珠/編集:塚越西穂)