ここから本文です

蔡総統、アジア諸国との協力強化に期待 台湾で国際フォーラム開催

10/11(木) 19:45配信

中央社フォーカス台湾

(台北 11日 中央社)東南アジアや南アジア諸国との経済や社会面の関係強化促進を図るフォーラム「玉山論壇」が11日、台北市内で開幕した。開幕式典であいさつに立った蔡英文総統は「台湾はアジアを支援できる。アジアもまた台湾を支援することができる」と協力関係のさらなる深化に期待を示した。

東南アジアや南アジア諸国との関係強化を目指す「新南向政策」を2016年5月の発足以来、推進してきた蔡政権。フォーラムは「台湾アジア交流基金会」の主催で、昨年に続いて2回目の開催となった。今年は18カ国から48人の有識者らが出席。同政策の対象となっている国々では、インドやインドネシア、タイ、マレーシア、フィリピンなど11カ国から参加があった。

蔡総統は昨年のフォーラム初開催以来、新南向政策の成果が表れているとアピール。今年の上半期には、政策の対象となっている国々の学生約4万1000人余りが台湾で学んでおり、台湾から留学する学生も増えていると紹介。これらの国々から過去2年間で400万人超が台湾を訪れたことにも言及し、人的交流の促進によって相互理解が増進できるとの考えを示した。

また、これらの国々との貿易額が増加していることに触れた上で、台湾は単なる投資だけでなく、地域にとってプラスになる長期的なパートナー関係を築いていきたいとの姿勢を示した。

フォーラムは12日まで。

(呂欣ケイ、侯姿瑩/編集:楊千慧)

Yahoo!ニュースからのお知らせ