ここから本文です

auから「Galaxy Note9」登場 予約購入でJBLのネックスピーカーがもらえる特典も

10/11(木) 10:00配信

ITmedia Mobile

 KDDIと沖縄セルラー電話は10月下旬、サムスン電子製Androidスマートフォン「Galaxy Note9 SCV40」を発売する。

【機械学習で「失敗写真」に対するアドバイスも】

 SCV40は、8月9日(米国東部夏時間)に発表された「Galaxy Note9」のau向けモデル。日本独自のカスタマイズとしておサイフケータイ(FeliCa)とテレビ(フルセグ・ワンセグ)に対応し、auが利用する通信規格・ネットワークに最適化されている。

 プロセッサはQualcommの「Snapdragon 845」(CPU部は2.8GHz 4コア+1.7GHz 4コア)を搭載。メインメモリは6GB、内蔵ストレージは128GBを備える。外部ストレージは最大256GBのmicroSDXCに対応する。画面はHDR(広大なミックレンジに対応する)QHD+(1440×2960ピクセル)の6.4型Super AMOLED(有機ELディスプレイ)を搭載している。OSはAndroid 8.1をプリインストールする。

 バッテリー容量はau端末としては過去最大の4000mAhで、USB Power Delivery(USB PD)対応の電源アダプターと接続することで急速充電できる。連続待ち受け時間は約440時間、連続通話時間は約2750分(いずれもau 4G LTE/WiMAX 2+エリアの公称値)で、一般的な利用シーンにおける「電池持ち時間」は約130時間となっている。

 Galaxy Noteシリーズでは初となるステレオスピーカーを搭載し、従来よりも音量も向上している。スピーカーはAKGによる監修を受けている。

 カメラの構成は「Galaxy S9+ SCV39」と同様。アウトカメラは「広角」「望遠」のデュアル構成で、前者は1220万画素のメモリ積層型デュアルピクセルセンサーと絞り可変レンズ(F1.5/2.4)の組みあわせ、後者は1220万画素センサーとF2.4レンズの組みあわせで、インカメラは800万画素センサーとF1.7レンズの組みあわせとなっている。

 カメラアプリも基本的にはSCV39と同様だが、「シーンの自動認識パターンの追加」「撮影に失敗した(と判断された)写真の失敗原因の提示」など、機械学習を使った機能改善が図られている。

 Noteシリーズ最大の特徴である「Sペン」には、Bluetooth通信機能を追加。ペンのサイドキーを押すことでカメラのシャッターを切ったりプレゼンテーションのスライドを進めたりすることができる。稼働に必要な電力はペン内のキャパシタから供給され、本体に収納している間に充電できる。

 SペンのBluetooth通信機能の稼働時間は30分(または約200クリック)で、キャパシタの電力を使い切った場合でも、本体に40秒間収納すればフル充電できる。

 本体サイズは76(幅)×162(高さ)×8.8~9.3(奥行き)mmで、重量は約201g。カラーはラベンダーパープル、オーシャンブルー、ミッドナイトブラックの3色を用意する。

「Galaxy Note9」予約キャンペーン

 SCV40を発売日前日までに予約した上で11月18日までに購入すると、もれなくJBL(ハーマン)製のネックスピーカー「SOUNDGEAR」(2万円相当)がもれなくプレゼントされる。

 プレゼントを受け取るには、11月30日までに特設サイトにエントリーする必要がなる。発送は12月下旬以降順次行われる。

ITmedia Mobile

最終更新:10/11(木) 10:00
ITmedia Mobile

Yahoo!ニュースからのお知らせ