ここから本文です

KDDIが「Xperia XZ3」を11月上旬に発売 シリーズ初の有機EL搭載

10/11(木) 10:05配信

ITmedia Mobile

 KDDIが、ソニーモバイルコミュニケーションズの最新スマートフォン「Xperia XZ3 SOV39」を2018年11月上旬に発売する。カラーはブラック、ホワイトシルバー、フォレストグリーン、ボルドーレッドの4色。OSはAndroid 9 Pieを採用する。

【外部端子はUSB Type-Cのみ】

 Xperia XZ3は、Xperiaシリーズとして初めて、ディスプレイに有機ELを採用したモデル。ソニーの有機ELテレビ「BRAVIA」で培った高画質技術を活用しつつ、スマートフォン用に画質を調整。黒が締まってコントラストが高く表現できるようになった。HDRコンテンツの再生に対応している他、通常規格(SDR)の映像も、HDR相当の画質に自動でアップコンバートできる。

 画面サイズは6型、解像度はQHD+(1440×2880ピクセル)、アスペクト比は縦長の18:9(2:1)。有機ELの特性を生かし、ディスプレイ左右の両端がカーブを描いている。左右の額縁を削ったことで、6型ながら幅は約73mmに抑えている。

 プロセッサはSnapdragon 845、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GB。バッテリー容量は3330mAhで、「Qi」規格のワイヤレス充電にも対応している。背面には指紋センサーを搭載し、IP65/IP68の防水・防塵(じん)もサポートする。内蔵スピーカー(ステレオ)はXperia XZ2から20%音量がアップしたが、3.5mmイヤフォンジャックは搭載していない。XZ2と同様に、コンテンツに応じて本体が震える「ダイナミックバイブレーション」にも対応している。

 有効約1920万画素のアウトカメラはシングルレンズ。端末を横に構えるだけでカメラが起動する「スマートカメラ起動」に新たに対応した。また、SNSへの投稿に適した、1:1の画角での撮影も可能になった。

 1320万画素のインカメラには、より明るいF1.9の新規レンズを採用。被写体の背景をぼかしたり、肌の明るさ、目の大きさ、輪郭などを補正したりできる「ポートレートセルフィーモード」を利用できる。インカメラで読み込んだ顔の3D画像からアバターを作成できる「3Dクリエーター」は、10種類の表情もつけられるようになった。

 片手でも操作しやすくなるよう、新UI(ユーザーインタフェース)の「サイドセンス」を採用。握りながら側面をタップするとメニューが現れ、AIが判断したよく使うアプリや、ユーザーが手動で設定したアプリを呼び出せる。サイドセンスのタップ操作はカメラキーとして使ったり、戻るキーとして使ったりもできる。

 日本向けの機能として、おサイフケータイ、ワンセグ、フルセグにも対応している。

 auでは、発売前日までにXperia XZ3の予約をして、2018年11月30日までに購入した人を対象に、「au WALLET プリペイドカード」に5000円(不課税)をキャッシュバックするキャンペーンを実施する。

ITmedia Mobile

最終更新:10/11(木) 10:05
ITmedia Mobile

Yahoo!ニュースからのお知らせ