ここから本文です

AI活用でオススメの保険を提案。ドコモと東京海上が2019年導入へ

10/11(木) 11:55配信

Impress Watch

NTTドコモと東京海上日動火災保険は、保険レコメンデーションのAI化と、保険プロセスのフルデジタル化に向けた検討開始について合意した。スマートフォンで個々の顧客に適した保険をAIを活用して提示するサービスなどの検討を進める。

【この記事に関する別の画像を見る】

具体的には、AIを活用して保険商品を提示するサービス向けた検討を開始。2019年度上期の導入を目標とし、顧客の状況や予算にあわせた最適な補償内容や保険料の配分をAIを活用して推奨する。

開発コンセプトは「ケータイが、お客様の状況から必要な保険を察知し、自動的におすすめの補償を提案する」。ドコモが保有するテクノロジーや顧客基盤と、東京海上日動の保険商品を組み合わせ、「AI時代の新たな保険の提供の形を目指す」という。

また、「保険プロセスのフルデジタル化」も目標。ユーザーがスマホ上で、保険の加入から保険金の受け取りまでの全プロセスをオンラインで完結し、「いつでも」「どこでも」「簡単」「便利」に手続きできるデジタル保険基盤の構築に向けた検討を行なう。広域自然災害の際に、同基盤を活用できるような各種サービスの導入もあわせて検討していくという。

両社は2010年に合意した包括業務提携に基づき、携帯電話と保険サービスを連携。1日単位で契約できる「ドコモ ワンタイム保険」を提供し、「ケータイする保険」を実現してきた。近年、スマホを通じて必要なときに簡便に契約したいというニーズが増えいることから、保険を「わかりやすく」「入りやすい」ものに進化させ、若い世代が初めての保険にスムーズに加入できるようにする。

Impress Watch,臼田勤哉

最終更新:10/19(金) 20:37
Impress Watch