ここから本文です

ママタレ優木まおみ「手がシワシワと書かれ傷ついた」

10/11(木) 16:44配信

東スポWeb

 ママタレントの優木まおみ(38)が11日、都内で行われた高機能ハンドクリーム「Hands A P.P.」(カエタステクノロジー主催)発表会に出席した。

 同製品は水や薬剤を繰り返し使う看護師、美容師、調理師などの職業病である「肌乾燥による手荒れ」の解決を目指して開発された。夫が美容師の優木は「アシスタント時代が一番手荒れがひどかったみたい。手の付け根が真っ白に粉をふいて、交際時にデートで手をつなぎたいなと思った時もザラッとしている、これが美容師の手かと思ったことを覚えている」とコメント。

「手をケアする時間があるならもっと技術を磨け、という雰囲気があるのかもしれないが、もはや手を美しく見せたいという次元ではなく、美容師は手荒れで痛いので、皆クリームを持ち歩いていると聞いた。ただ、油分でハサミが滑るといけない。この製品はサラッとして、そういう部分にも配慮して作られていると感心した。私もだんだんとシワシワの“お母ちゃんの手”に近づきつつあり、主婦の勲章とあきらめていたが、これをつけると潤いが持続して老化を防いでくれる感じがする」という。

 主婦として忙しく過ごし、手のケアは怠りがち。そんな優木は「この間、インスタに指輪の写真を載せたら『手がシワシワ』とコメントされて傷ついた。写真を修整するより、手をケアしたい。私は親にそういうことを習ってこなかったので、子供にはUVケアや保湿の重要性を教えたい」と語った。

 続けて「最近、夫とは手をつないでいない。子供とはつないでいるのに、私はサッとかわされちゃう。いつも手がザラついており、触られるのが嫌という面もあるのだと思う。だから、付き合いだしたころは手でなく腕を組んでいた。これを使ってもらい、妻と手をつないでもいいなという気になってほしい。いつまでも手をつなげる夫婦でありたいなと思う」と少し不満げに訴えた。とはいえ不仲ではなく、本紙もつい最近、優木がベビーカーを押し、家族4人で仲良くお出かけする姿を目撃している。

 ところで、優木といえば“ゆうこりん”こと小倉優子(34)と親しいことで知られる。小倉が離婚した前夫は美容師という共通点もあった。現在、小倉は40代のイケメン歯科医と結婚を前提に交際中だ。

 本紙が小倉について尋ねると「最近、お会いしていないので、(結婚について)何も聞いていない。今度、お会いする機会があったら、ぜひおすすめしたい。主婦は基本的に手を気にしていて、美容やエステの情報は、ママたちの間ですごく話すので」と笑みを浮かべた。

最終更新:10/11(木) 16:44
東スポWeb

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ