ここから本文です

【中日】与田氏、新監督正式決定 14日にも就任会見 森監督はフロント入り

10/11(木) 11:28配信

スポーツ報知

 中日の新監督に、OBの与田剛氏(52)の就任が正式に決まった。11日、矢野博也球団社長が名古屋市内の球団事務所で明かした。前日10日に白井文吾オーナー(90)、森繁和監督(63)らが名古屋市内のホテルに与田氏を迎え、就任を要請。同氏が受諾した。森監督は退任し、編成トップとしてフロント入りする。

【写真】阪神・金本監督「私の力足らず」

 矢野社長は与田氏について「(10日は)明るい顔をしていました」と明かした。そして「チームを強くしてもらいたい。若い頃にけがで苦労もしているし、頑張ってもらいたい。勝つチームになって、、若い選手が出てくるようにしてほしい」と期待した。同社長によると、13日の今季最終戦(ナゴヤドーム)に与田氏が駆けつけることはないが、早ければ14日にも就任会見を行う。

 与田氏は1989年ドラフト1位で中日入り。新人だった90年に31セーブを挙げ、新人王と最優秀救援投手に輝いた最速157キロの剛速球右腕。ロッテ、日本ハム、阪神でもプレーした。指導者としては、2009、13年のWBCで侍ジャパンの投手コーチを務め、16、17年は楽天1軍投手コーチ、昨季は同2軍コーチを務めた。

 中日に生え抜きの新監督が誕生するのは1992年の高木守道氏(第1次)以来27季ぶり。生え抜きで投手出身の新監督となると、星野仙一氏(第1次)の87年以来。

 森監督はヘッドコーチだった16年8月、途中解任された谷繁元信前監督に代わり、監督代行に就任。17年から正式に監督となったが、一度も貯金をつくることなく5位に終わった。今季も一度も貯金をつくれず5位が確定し、球団史上ワーストを更新する6年連続Bクラスが決まった。

最終更新:10/12(金) 8:45
スポーツ報知