ここから本文です

<ファストリ>柳井会長「長男と次男が経営者に、ではない」

10/11(木) 20:48配信

毎日新聞

 ◇「2人を取締役」人事発表 創業家の経営への関与強まる

 カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは11日、柳井正会長兼社長の長男一海氏と次男康治氏をそれぞれ取締役に充てる人事を発表した。11月29日開催予定の株主総会を経て就任する。創業家の経営への関与が強くなり、同族経営色が濃くなった格好だ。

 柳井会長は11日、東京都内で記者会見し、「(自身の)退任は考えていない。必要とされるうちは社長をしたい」と述べ、当面は退任しない考えを強調した。世襲に向けた準備とみる向きもあるが、「決して2人が経営者になることではない」と否定した。

 同社は同日、2018年8月期連結決算を発表した。中国や東南アジア地域など海外のユニクロ事業がけん引し、売上高は前期比14・4%増の2兆1300億円、最終(当期)利益は29・8%増の1548億円といずれも過去最高を更新した。

 海外のユニクロ事業は、通期の売上高が国内事業を初めて上回った。特に中国や香港などが好調で、海外販売の約5割を占めた。値引きに頼らない販売に転換したほか、Eコマース(電子商取引)の売り上げが伸びた。

 国内のユニクロ事業も増収増益を達成。今期は円安傾向で原価率が上昇したが、保温性の高い肌着「ヒートテック」など防寒着の販売が売り上げを押し上げた。19年8月期の業績予想は、中国などで大規模な出店を継続することや、赤字の米国の営業利益が黒字化することで、売上高2兆3000億円、最終利益1650億円を見込んでいる。【柳沢亮】

最終更新:10/11(木) 22:12
毎日新聞