ここから本文です

【侍ジャパン】稲葉監督が頭を悩ませる4番候補は? S山田&C菊池は併用?…インタビュー(2)

10/11(木) 19:08配信

スポーツ報知

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(46)が11日、インタビューに応じ、11月に開催される「2018 日米野球」での構想を語った。10日に発表した28選手のうち、11選手がトップチーム初選出。各選手への期待や起用法について聞いた。

 ―誰が4番を打つのか、ファンも楽しみにしている?

 「すごく難しいですね。正直悩んでいる。打順を考えた時、打てる選手ばかり並んでも動けない。どうすれば一番チームとして機能するか考えています。一番経験のある筒香選手を基本線に考えていくけど、山川が入ったらどうなのか、岡本が入ったらどうなのか、いろんなことを考えて決めていきたい」

 ―右の大砲では山川、岡本の活躍が目立った。

 「山川選手は(昨年)11月も一緒にやって、今年にかける意気込みを感じていました。シーズン活躍しないと選ばれない、という考えがしっかりしていた。それで見事に結果を残した。彼のプレースタイルは非常に評価したい。岡本はジャイアンツという人気球団、期待されている中で4番を務めてこれだけの成績を残した。サードはジャパンの中でもこれから探していこうというポジションでもありますからね」

 ―5人が昨秋の初陣で選ばれた選手。

 「昨年11月にやってから、特に外崎選手は成長したと思う。ジャパンを経験してかは分からないが、非常に頼もしい。いろんなポジションを守れるし、ガッツマンでもありますしね。これからも楽しみな選手」

 ―今季、公式戦を視察して目に止まって入れた選手も?

 「1年間通して見ている中で選んでいます。中日の笠原選手は特殊球、あのチェンジアップがメジャーリーガーにどこまで通用するか楽しみ。投手に限っては左投手が大事になると思っている。けっこう左をしっかり入れた」

 ―高梨、松永らは左の中継ぎとして。

 「高梨選手は前回(3月)も入ってもらってもらった。気持ちの強い子ですね。シーズン後半に強い球を投げるようになったし、成長してくれたと思います。松永選手も小久保監督の時に代表に入ったが、当時から強い球を投げていた。ロッテの中で1年頑張ったし、見てみたいと」

 ―今回は6試合。抑えは固定する?

 「球数制限もあるし、2日登板(連投)したら1日休みと決められている。石山選手、山崎選手、松井選手と抑え候補を選んだが、僕の中では一番は山崎選手が候補。ただ、連投がなかなかきかないので、そうなったらこの3選手の中でやっていこうと思っている。あとは点差が離れたりしたら変わってくる。臨機応変にやっていきたい。球数制限があるので考えることがたくさんありますね」

 ―野手はある程度、固定するか、均等にチャンスを与えるか。

 「捕手3人を除くと野手は11人。(DHを含めて)そのうち8人(はスタメン)ということになる。ある程度固めていかないといけないが、いろんな可能性を持てるメンバー。いろいろ試しても面白いと思っています」

 ―打順も試せる。

 「いろいろ試せると思います。固定観念を持たずにいろいろやってみたいですね」

 ―1番の選択肢も多い。

 「まだこれから考えないと。候補たくさんいますからね。その試合で、どうその打順で点をとっていけるかを考えながらやっていきたい。固定観念は持たず、いろんな可能性を含めて考える。今年に限っては試せる年だと思っている。打順もいろいろやってもらいながら6試合進めたい」

 ―二塁手の山田と菊池の使い方は。

 「難しいですね。山田選手はセカンドとDH。今年は打つ方も戻って来て、彼には足がありますからね。菊池選手が先に出れば、(山田の)代走もある。2人をうまく使っていきたい」

最終更新:10/12(金) 8:25
スポーツ報知