ここから本文です

5.7K動画が記録できる「Insta360 ONE X」

10/11(木) 16:38配信

Impress Watch

Shenzhen Arashi Vision社(中国深セン)は10月11日、360度カメラ「Insta360 ONE X」を発表、予約販売を開始した。10月下旬の発売を予定しており、店頭予想価格は税別5万円前後となる見込み。

【この記事に関する別の画像を見る】

Insta360 ONE Xはスマートフォンと連携して360度画像を記録できる製品。2017年に発売されたInsta360 ONEの後継モデルにあたる。

Insta360 ONE Xでは、前モデルから動画と静止画の撮影性能が強化された。Insta360 ONEでは4Kまでの動画記録となっていたが、Insta360 ONE Xでは最大5.7K/30pの動画撮影に対応。静止画では1,800万画素相当の撮影が可能となっている。

レンズのF値もF2.2からF2.0に。バッテリー容量も増強され、着脱式に変更されている。

カメラ部にはソニー製の1/2.3インチ CMOSセンサーを採用。レンズは画角200度の魚眼レンズを2基備える。

手ブレ補正機能は、Insta360 ONEから引き続き6軸ジャイロスコープを搭載。滑らかなビデオキャプチャーを実現するFlowState技術を新たに採用することで、ブレを抑制する。

撮影モードは従来モデル同様、HDRやハイパーラプス撮影を搭載する。被写体を自動追跡しながら撮影することができる「スマートトラック」や撮影者を中心に周囲の360度の動画を撮影できる「バレットタイム撮影」などの、360度カメラならではの機能も健在。

編集機能では、指定ポイントで自動的に視点を切り替えることができる「ピボットポイント」や、左右回転やズームをリアルタイムに再編集できる「ビューファインダーモード」に対応している。

無線機能は、Wi-FiおよびBluetooth 4.0を搭載。記録メディアはmicroSDカード(UHS-I V30以上)を用いる。外部コネクタはMicro USBのみ。バッテリーは着脱式で容量は1,200mAh。連続撮影時間は最大60分。

外形寸法および重量は48×28×115mm、90.9g(バッテリー抜き)/115g(バッテリー含)。本体カラーはブラックのみ。

スマートフォン側の対応アプリは、iOSおよびAndroidがある。

オプションとして、防水ケースと潜水ケースが利用できる。防水ケースは水深5m以内の撮影に対応。潜水ケースは、対応深度が30mに強化される。他にも、遠隔コントロールを可能にするGPSスマートリモコンも販売される。

デジカメ Watch,本誌:宮澤孝周

最終更新:10/11(木) 16:38
Impress Watch

Yahoo!ニュースからのお知らせ