ここから本文です

大統領選正当性、14日判断=モルディブ

10/11(木) 22:37配信

時事通信

 【ニューデリー時事】AFP通信によると、モルディブ最高裁は11日、9月23日に実施された大統領選の結果の正当性を14日に判断すると発表した。

 敗北した現職ヤミーン氏の出身政党、与党モルディブ進歩党(PPM)が「選管による不正があった」と最高裁に訴えていた。選管当局者によると、ヤミーン陣営は選挙のやり直しを求めているという。

 ヤミーン氏は今年2月、最高裁が野党政治家への有罪判決を取り消した際には非常事態を宣言し、最高裁長官らを拘束した。強権的なヤミーン政権の下で最高裁が公正な判断を下すかが焦点となる。 

最終更新:10/11(木) 22:40
時事通信