ここから本文です

一部の動画が再生されない不具合が発生しています。ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

NYダウ、300ドル超の下げ=リスク回避姿勢強まる

10/11(木) 23:00配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】11日午前のニューヨーク株式相場は、前日の急落を受けて投資家のリスク回避姿勢が強まる中、続落した。午前11時5分現在は、優良株で構成するダウ工業株30種平均が前日終値比305.86ドル安の2万5292.88ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は69.72ポイント安の7352.33。

 前日のダウは、高止まりする長期金利が企業業績を圧迫することへの懸念から831ドル安と史上3番目の下げ幅で終了した。この日は取引開始直後にマイナス圏に沈んだものの、9月の消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回ったことを受けて長期金利が低下。ハイテク株などに買い戻しが入り、プラス圏に浮上した。

 ただ、金利低下の一服や原油先物価格の下落を眺めて、ダウは再び売り優勢となった。決算シーズンを控える中、米中貿易摩擦をめぐる懸念もくすぶり、相場の重しとなっている。 

最終更新:10/12(金) 2:28
時事通信

あわせて読みたい