ここから本文です

一部の動画が再生されない不具合が発生しています。ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

【調教ズームイン】キョウワゼノビア明らかに調子UP

10/11(木) 22:14配信

サンケイスポーツ

 府中牝馬Sは休養明けで使う馬ばかりで、9月以降にレースを使っているのはこの馬だけ。順調さを武器に重賞初挑戦するキョウワゼノビアが、充実ぶりを示すような俊敏な動きで坂路を駆け上がった。

 ナタリーバローズ(500万下)と併せて、序盤は14秒7、14秒4のラップを刻む。ラスト2ハロンで鞍上が気合をつけるとペースが一気に上がり、12秒7、12秒2としっかり伸びて4ハロン54秒0をマークした。

 前走時は強めでキスミーワンス(500万下)と同時入線だったのに対して、一杯に追われた今回は悠々と2馬身引き離してゴール。3日に実質追い(4ハロン52秒5-12秒9)を済ませているが、さらに調子を上げているのは明らかだ。

 今年に入って5戦2勝。追い切りの全体時計も以前と比べると1秒ほど速くなっており、成長著しい。GI勝ち馬4頭と相手は強化されるが、この動きを見れば買いたくなる1頭だ。 (将美)

最終更新:10/11(木) 22:17
サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ