ここから本文です

日経平均株価の大幅下落。「落ちてくるナイフはつかむな」か

10/11(木) 19:00配信

LIMO

2018年10月11日の株式市場は、日経平均株価が終値ベースで対前日終値比で915円18銭値を下げ、結局2万2590円86銭で終えた。下落率でいえば同▲3.89%も下落したことになる。また、TOPIX(東証株価指数)は1701.86ポイントと同じく▲3.52%の下落となった。では、一体どのようなセクターや銘柄が下落したのであろうか。そして今後どのような姿勢で株式市場と向き合えばよいのであろうか。

大幅下落時に見える投資家に好感される株、嫌らわれる株

機関投資家のようなプロ投資家はTOPIXのような株価指数の動きに対して個別株がどう動いたかで「アウトパフォームした」もしくは「アンダーパフォームした」という表現を用いる。個別株の株価がTOPIXの変化率を上回っていれば「アウトパフォーム」とし、下回っていれば「アンダーパフォーム」という。

たとえば、本日のイオンの株価は対前日終値比で▲0.93%、昨日の決算発表やスーパーの再編案などの発表を受け、日経平均株価やTOPIXの下落率よりも下げ幅が小さい。イオンの株価は本日は「アウトパフォーム」したといえる。決算内容や会社の施策を好感した格好となった。

一方で、ファナックは同▲6.84%下落し、TOPIXに対して大きく「アンダーパフォーム」している。昨日、安川電機の連結業績予想が「半導体投資の減速および中国市場の弱含み」を理由に下方修正されている。そうしたこともあり機械関連株の売りが加速したと言えよう。機械関連銘柄として、コマツが同▲5.12%下落、三菱電機が同▲5.11%、キーエンスが同▲4.99%下落となっている。いずれもTOPIXの下落幅を上回って下がっている。

セクターごとに見えてくる投資家心理

さて、本日、大きく株式市場が下落した中で好感されたセクターは、「小売業」、「空運業」、「水産・農林業」、「電気・ガス業」、「不動産業」などである。

先にふれた小売業は、GDPのうち国内消費が多くの比率を占めることから分かるように、私たちが生活する上で欠かせない商品やサービスを提供する産業である。景気によって消費者動向は影響されるので個別企業ごとに見極める必要があるが、機械株ほどにはボラティリティはないであろうという投資家の動きである。

また海外株式市場が下落する中で円高傾向になることが多いが(今回もその動きとなっている)、結果として小売業の輸入調達がしやすくなるという思惑も働き、小売業がアウトパフォームしているとみられる。

一方、大きく売られたセクターはどのセクターであろうか。

セクターとしては、「石油石炭製品」、「鉱業」、「機械」、「精密機器」、「非鉄金属」といった景気敏感セクターが売られている。米国の株式市場の大幅下落により、景気の先行きに関して不透明感も漂い、WTI原油先物も下落している。

先に好感されたセクターとしてあげた空運業や電気・ガス業は化石燃料を事業として必要とするセクターが対照的にアウトパフォームしているというのも見逃せない。

このようにしてみると、当然といえば当然であるが、景気悪化に対して敏感なセクターを売り、そうではないセクターをより評価するというセクターアロケーションが進んでいると見てよいであろう。

1/2ページ

最終更新:10/11(木) 20:30
LIMO