ここから本文です

太宰治「晩年」の直筆署名入り初版本 下諏訪で見つかる

10/11(木) 6:03配信

長野日報

 日本の近代文学を代表する作家、太宰治(本名津島修治、1909~48年)が短編集「晩年」を刊行した際、文芸評論家の亀井勝一郎(1907~66年)に直筆の献辞とともに贈った初版本が、下諏訪町で見つかった。亀井を師事した元美術教諭の黒田良夫さん(86)=同町久保海道=が長年大切に保管していたもので、諏訪大社下社秋宮近くの根津八紘美術館で初めて一般に公開した。黒田さんは亀井家に返却するか、日本近代文学館(東京)など研究機関に寄贈したいと考えている。

 「晩年」は1936年6月、砂子屋書房から刊行された短編15編からなる処女創作集。心中から生き残り、共産主義運動にも挫折した27歳の太宰が、自殺を前提に自らの人生を書き残した。そこに収められた「逆行」は第1回芥川賞の候補作(結果は次席)となり、太宰は新進作家として文壇の注目を集めていく。

 「亀井勝一郎全集第5巻」(講談社)の「太宰治の思ひ出」によると、亀井が太宰に初めて会ったのは36年に上野精養軒で開かれた「晩年」の出版記念会だった。健康を害していた太宰は支えられて立ち上がり、ほとんど何も語らず涙を流して感謝を伝えた。「彼はふるへる手で、私に『晩年』を渡した」とある。

 さらに「その扉には筆で大きく、『朝日を浴びて、赤いリンゴの皮をむいてゐる、ああ、僕にもこんな一刻。亀井勝一郎学兄。』とかいてあった」と記した。公開された初版本には記録通りの献辞とともに、太宰治の「治」のサインが残されている。

 黒田さんは武蔵野美術大学の画学生のころ、特別講義を機に亀井を師事し、自宅に通うようになった。当時「太宰の何を読めばいいですか」と聞くと、亀井は「『晩年』と『津軽』だね」と語り、手に取った「晩年」を「太宰さんの署名があるから大事にしなさい。きみにあげよう」と手渡したという。

 黒田さんは自らの晩年を自覚し、根津八紘美術館内の黒田良夫文庫で開催中の展覧会「わが邂逅のなつかしきひとびとの書籍・墨跡展」が最後の機会だと考え、公開を決めた。「激しい葛藤の中で生きた太宰の人間像は人それぞれあるが、初版本にまことに穏やかな一面を残した。亀井先生に安らぎを感じていたと思う。意味のある献辞だ」と話している。

 同美術館は火曜日休館。開館時間は午前10時~午後5時。入館無料。

最終更新:10/11(木) 6:03
長野日報

Yahoo!ニュースからのお知らせ