ここから本文です

デロンギの肉も魚も焼けるマルチなホットサンドメーカーなら毎日使えそう

10/11(木) 8:11配信

ギズモード・ジャパン

まさにコレ一台。

ホットサンドメーカーがほしいとずーっと思ってるんですけど、ホットサンドとワッフル以外に仕事できないのがどうにもなぁと(当然)。でも、デロンギから発表された「デロンギ マルチグリル エブリデイ サンド & ワッフルメーカー SW13ABCJ-S」なら、僕のモヤモヤを払拭してくれるのではと感じましたよ。

【記事の全画像】デロンギの肉も魚も焼けるマルチなホットサンドメーカーなら毎日使えそう

プレートによって使い分けられる3パターン

ホットサンドプレートとワッフルプレートの他に、グリルプレートが付属しています。グリルプレートを使えば、肉も魚も焼けちゃうんですよ。油受けも付いてるから、食材を並べてフタを閉じてスイッチを入れるだけで、カリっと美味しいチキンやサーモンの出来上がり。そう、こういう使い道がしたかったの!

ホットサンドは気分の時しか作らないし、ワッフルは基本作らない。でもグリルとして使えるなら、晩ご飯の場でも活躍できます。まさにエブリデイ、まさにマルチ。価格は1万2800円で、2018年10月12日(金)に発売予定です。

本格派グリルプレートもマルチに活躍しそう

また、「デロンギ マルチグリル BBQ & コンタクトグリルプレート CGH1011DJ」も同時発表されました。本体とフタをプレートとして使うBBQポジション、上下からギュッと挟むコンタクトポジション、浮かせてじっくり加熱できるグリルポジションの三刀流ができる製品です。

遠赤外線的な焼き料理がいろんなアプローチで楽しめるし、デロンギらしい質実なデザインもプロ感があってよし。こちらの価格は3万9880円で、10月26日(金)発売予定。

マルチグリルを冠するこの2製品は、デロンギが送り出してきた新たなキッチンラインナップです。なんせホットサンドメーカーの汎用性が素晴らしいなぁ。ついに我が家にもホットサンドライフが訪れる予感がします。

Source: PR TIMES, De'Longhi

ヤマダユウス型