ここから本文です

「Fire TV Stick」が4K・HDR10+・Dolby Vision、Alexaに対応で最強っぽいリニューアル

10/11(木) 11:12配信

ギズモード・ジャパン

4K対応モデルもスリムになっちゃって。

AmazonはFire TV Stickをリニューアルした「Fire TV Stick 4K」を発表しました。これまで4K画質は、スクエア型の「Fire TV」専用でしたけど、第3世代でStickも1080pから4Kに対応。CPUもクアッドコア1.7GHz(第2世代は1.3Ghz)へとアップデート。

【画像】「Fire TV Stick」が4K・HDR10+・Dolby Vision、Alexaに対応で最強っぽいリニューアル

このパフォーマンス向上によって、小型のスティック型ながらも、4K Ultra HDや、Dolby Vision(今後提供予定)、HDR10+などに対応しています。一方で「Fire TV」は商品ページから見当たらなくなったので、ディスコンされてFire TVデバイスはスティック型へと統一されたもよう。

悲願のAlexa対応!

性能アップだけならず、付属リモコンがAlexaに対応しているのもポイント。これまでは「音声認識」には対応していたものの、「Alexa」には対応していませんでした。

今後はFire TVでもAlexaスキル、使えます(使うかどうかは抜きにして)。だけでなく、音声認識ボタンを押しながら話しかけると、好きなコンテンツを探したり、再生コントロールができますよ。「Alexa、○○○○を再生して」とか、「Alexa、30分早送りして」なんてことができます。もちろん、天気を調べたり、スポーツの試合の結果を調べたりもOK。

さらには、スマスピのEchoシリーズとペアリングして、ハンズフリーで操作できるみたい! これ、リビングにEchoやEcho Spotが同居している人には最高じゃない?

こうして、パワーアップだけでなく便利さも1ランク上がった「Amazon Fire TV Stick 4K」はお値段も2,000円アップの6,980円ですが、それでもかなりお買い得。発売日は12月12日です。

Fire TV Stick(第2世代)も4,980円で併売されるけど、CPUが高性能になれば、映像だけじゃなくてインターフェース周りの快適さも上がります。たとえテレビが4K対応じゃなかったとしても、僕なら新モデルの「Amazon Fire TV Stick 4K」を選ぶなぁ。

1/2ページ

Yahoo!ニュースからのお知らせ