ここから本文です

【プロが教える】よりよい葬儀を行うための5つのポイント 葬儀の満足度は、遺族とスタッフの信頼関係で決まります。

10/11(木) 15:00配信

マネーの達人

人生において、その方の葬儀は1度きりです。

また、喪主を務める経験も、一生に1度あるかないかのことです。

ご縁があってこの記事を読んでくださっているみなさまの葬儀が少しでもよりよいものになりますように、5つのポイントを挙げてみました。

1. 事前相談をして複数の葬儀社の話を聞く

葬儀が発生すると、みなさまが思っている以上にばたばたと慌ただしくなります。

身内の方が亡くなったというだけで非常時ですが、その中で、

・ 葬儀社との打合せ
・ 身内や親戚への連絡
・ 寺院とのやり取り
・ 金銭の工面
・ 職場や学校などへの連絡

など、さまざまなことを一挙にしなければなりません。

また、これから葬儀がどのような流れで行うのか、費用がどれくらいかかるのかも分からないと不安は増大します。

そうした状況下で、故人様を満足に送り出して供養するというのは、かなり酷な話ではないでしょうか。

葬儀はいつ起こるか分かりませんが、可能であれば、事前に葬儀社を訪ねて、

・ 葬儀がどんな流れで進むのか

・ 何を用意しておけばいいのか

・ 費用がどれくらいかかるのか

などを把握しておくだけでも、いざという時に精神的不安は大きく軽減されます。

2. 信頼のおける葬儀社との出会い

葬儀は、車や家電を買うのとは意味が違います。

「モノ」を買うのではなく「儀式」を依頼するものです。

儀式という、目に見える正解がないため、安ければいいというものでもありません。

葬儀の満足度は、遺族とスタッフの信頼関係で決まると筆者は確信しています。

ですから、複数の葬儀社を比較するときも、

・ 葬儀社の実績

・ 会館の充実度

・ スタッフのスキルや経験

など、見積金額もさることながら、スタッフに抱いた印象も判断基準に入れておくことをおすすめします。

3. 家族葬にこだわらない

家族葬が主流の時代ですが、「どうして声をかけてくれなかったの」とあとから苦言を呈されることはしばしばです。

葬儀後の自宅の弔問の対応はとても大変だと言われていますが、葬儀の場であれば、多くの方の参列を1度に受け入れられます。

また、会葬者が多い方が葬儀の満足度が高いという統計も出ています。

家族葬だと決めつけて、参列を家族や親族に限定するのではなく、

・ いつもお世話になっている人

・ これからも付き合いが続いていくご近所や会社関係の人

などには声をかけた方がいいこともあるでしょう。

1/2ページ

最終更新:10/11(木) 15:00
マネーの達人