ここから本文です

日立建機、IoT・AI活用を拡大

10/11(木) 14:37配信

日刊産業新聞

 日立建機(平野耕太郎社長)は2022年度まで5カ年をかけ実施する国内主要拠点の再編で、製造、開発の最適化を推進するとともに、中型ホイールローダでの新生産ライン導入など新設備の増強を進め、自動化や生産管理システムを付随させるなど、大幅な生産性向上を実践していく。グローバル競争力強化に向け、開発をクラス別に、生産を機能別に集約。開発は4カ所から2カ所とし、効率化してAI(人工知能)、IoT、電動化への対応を強化。AI、IoTは自社の製造工程にも組み入れ、日立製作所グループと進めるエネルギー管理システムをはじめ、自動化、生産工程管理にもつなぎ、改革の実効性を高める。国内外の改革でグループ総合力を抜本強化する。

最終更新:10/11(木) 14:37
日刊産業新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ