ここから本文です

J1鳥栖「笑ってはいけないサッカー」終了 新体制でムード一変、逆転残留へ

10/11(木) 15:05配信

西日本スポーツ

 マッシモ・フィッカデンティ監督(50)を更迭したJ1サガン鳥栖が10日、約2カ月ぶりに練習を公開した。指揮を執る次期監督の金明輝コーチ(37)は「選手の力や今後の対戦相手を見ると、ネガティブになる必要はない。しっかりとコミュニケーションを取っていきたい」と、練習中から積極的に選手と1対1で対話。一体感を高め、自動降格圏内の17位から逆転残留を果たす。

【写真】激しく抗議する鳥栖・フィッカデンティ監督

 マッシモ体制では8月9日から練習の非公開が続いていたが、金明輝コーチは「一緒に残留させたいというサポーターの思いも乗せたかった。頑張れという声もチームの活力になる」と公開を決断。サポーター約50人が見学に訪れた。ウオーミングアップから選手やスタッフが笑顔をのぞかせる一幕もあり「練習中に笑ってはいけない」という空気があったという前体制の練習とは一変。原川力(25)は「前向きにというか、明るくみんなで練習できている」と雰囲気の変化を実感した。

 金明輝コーチはハードワークをして厳しく守る戦いを継続する一方で、「点を取らないと勝てない。攻撃に関わる人数やフィニッシュの精度を上げる練習をする」と説明。10日の紅白戦ではボランチに積極的な攻撃参加を促した。明るく前向きに残り5戦を戦い、最後にチームもサポーターも心の底から笑う。

西日本スポーツ

最終更新:10/11(木) 17:37
西日本スポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合