ここから本文です

中田久美監督「出し切りたい」日本2位で3次L進出

10/11(木) 22:15配信

日刊スポーツ

<女子バレー:世界選手権>◇2次リーグE組◇11日◇名古屋市・日本ガイシホール

世界ランク6位で中田久美監督が率いる日本が同4位のブラジルにフルセットの末敗れ7勝2敗となったが、勝ち点差で2位となり3次リーグ進出を決めた。

【写真】スパイクを放つ黒後

前夜のセルビアに続く世界上位の強豪撃破はならなかったものの、試合後、中田久美監督は「(3次リーグ進出に)とりあえずホッとしています。かなり厳しい戦いになると思いますがしっかり出し切りたい。(メダル獲得へ)期待に応えられるよう頑張りたい」と話した。

1セットを奪えば敗れても3次リーグ進出が決まる一戦。幸先よく第1セットを25-23で奪い通過を確定させた。第2セットも25-16で連取し2位以上での通過を決めた。3-0のストレート勝ちなら首位突破だったが、第3セットを26-28と逆転で競り負けた。第4セットも21-25、最終第5セットも11-15で落とした。

ブラジルとの通算対戦成績は43勝86敗となった。大きく負け越しているが、中田久美監督が指揮を執る昨年以降に限れば2勝2敗と互角に渡り合う。

3次リーグ進出はオランダ、日本、セルビア、イタリア、中国、米国の6チーム。

最終更新:10/11(木) 23:29
日刊スポーツ